2015年10月31日

見分けがつかないから、瞳の色で区別

瞳の色

と、エツジが二人の顔を見つめて、尋ねた。
「なんで、二人の瞳は違う色なの?」
「ああ」とチャコが話題を見つけて嬉しそうに笑った。
「これはね、カラーコンタクトなの。博士でさえ、私たちの見分けがつかないから、瞳の色で区別できるようにしたの」
「え?博士も区別できないの?」
「あの人は研究一筋で、元々、女性の顔を憶えることも面倒だと思う人だから」
グレースは、クスクス笑って言った。どうも姪っ子である二人にとっても博士は特異な人種らしい。
「だから姉の私が大人っぽいグレー、妹が明るいブラウンにしたの」
「それでも博士は名前と色が一致しないみたいで、私たちめったに名前で呼ばれないの」
チャコの意見に、僕は張り切って提案する。
「じゃあ、僕たちの呼び名を博士に教えてあげたら?」
「グレース」「チャコ」という呼び方と名前の由来を教えてあげると、二人はまた、大爆笑した。クローンのはずの二人は、なんのことはない、笑い上戸のにぎやかな双子の姉妹だった。が、知佐姉ちゃんのような指摘はせず、今後はそう呼んでね、と笑っていた。

家に帰ってことの顛末を語ると、両親は、よそ様のお宅にもぐりこんで、と苦笑し、
特にクローン問題の解決にショックを受けたようではなかった。僕は、大人たちはウワサを楽しんでただけで、どこかで事実を知っていたんだな、と虚しくなる。
知佐姉ちゃんは、「ふーん、そう」と言ったきり、部屋から出て来なくなった。そしてしばらくして、僕たちの探り当てた事実を、ちょっと書き変えて、例えば博士は、遺伝子操作マニアという設定で、双子のクローンは男の子のクローンになり、瞳の色だけが違う、みたいなストーリーを仕上げて、何かの賞に応募していた。
そして僕たちは、今日もグレースとチャコのお屋敷でケーキをご馳走になっている。


タグ :カラコン

同じカテゴリー(短編)の記事画像
天才、知佐姉ちゃん
片方は英語名で、もう一人は日本語名って
お屋敷の庭に忍び込んでいた
同じカテゴリー(短編)の記事
 天才、知佐姉ちゃん (2015-10-28 17:15)
 片方は英語名で、もう一人は日本語名って (2015-10-25 17:05)
 お屋敷の庭に忍び込んでいた (2015-10-22 17:22)

Posted by 弘せりえ 2014apr at 17:25│Comments(0)短編
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。